RX-RACE 2009参加車両紹介

2009.05.11

RX-RACE2009 エントリーリスト

RX-RACE2009の参戦車両はコレだ!!

続きを読む "RX-RACE2009 エントリーリスト"

| | トラックバック (0)

出走車両2009 【 パンスピード 】

チューンドカーは改造無制限! 孤高のAクラス単独走 NA 2駆最速を狙う!!

photo

  • ドライバー:未定
  • 仕様:タイムアタック用サーキットスペシャル
  • 目標タイム:59秒前半 @ TC2000
  • 参戦レース:
     Rd.1Rd.2Rd.3Rd.4

check Aクラス最強エイト。挑戦者求ム!
あまりに速すぎて、誰もAクラスへ参加をしなくなってしまうという、そんな流れを作ってしまった元凶(失礼)がこのエイト。エイトの中で走れば確実に一人旅、セブンに混じって走ってもトップ争いをするという最強のエイトだ。今年終盤には出来上がってくるだろうレボリューション20Bエイトとの直接対決が非常に楽しみ。その2台によってエイトのチューニングは確実に盛り上がってくるだろうと予想。これは見ものですよ!

スペック
□ 車重 1100kg
□ エンジン出力 290ps/9350rpm 
□ ペリ吸・排気
□ モーテック制御
□ オリジナルステンエキマニ・マフラー
□ 2連スロットル
□ アルミラジエター
□ ヒューランド6速シーケンシャルM/T
□ OSスーパーロックLSD
□ オリジナルセッティングオーリンズ車高調・ピロボール
□ 前後ブレンボ4PODキャリパー
□ PFCパッド
□ タイヤ 前後 ダンロップ DIREZZA 03G 225/40R17
□ ホイール ボルクレーシング CE28
□ 外装 フロントバンパー・フロントフェンダー・サイドステップ・リアオーバー
□ フェンダー・エアロボンネット・軽量トランク・GTウィング
□ ロールケージ9点式溶接止
□ エアコン無し


banner http://www.panspeed.jp/

| | トラックバック (0)

出走車両2009 【 RE雨宮 】

MC前後の2台参戦を目論む雨宮アオキ組に注目アーンド期待!!

photo

  • ドライバー:青木氏(RE雨宮)
  • 仕様:前後期2台出走予定・仕様はヒミツ!
  • 目標タイム:1分6〜7秒 TC2000
  • 参戦レース:
     Rd.1Rd.2Rd.3Rd.4

check「青木、行ってこい!」神の声が七栄に響く!
過去にFCで草レースに参戦していたRE雨宮青木さん。RX-8のDG5足のセッティングをはじめて、走り込みに走り込んだ結果「RX-8の魅力にハマった」ようです。「コーナーリング性能もハンパじゃないですよ」と熱く語る……とおっしゃるが、それって雨さんがRX-8登場当初から言ってたジャン。
今年は新型MC後に草池選手・旧型MC前に青木選手の2台体制が実現できるかもという本気モードのRE雨宮。「RX-8は青木に任せる」という雨さんのお墨付きももらって、コーナーも全開ストレートです! ちなみに七栄はRE雨宮の所在地です。地名まで7とは……さすが雨宮。

スペック
□ AD エイト FACER バージョン2
□ AD サイドステップ
□ AD フードエイト ウエットカーボン
□ ボーテックサイドスポイラー ウエットカーボン
□ DG5 雨宮spec DAMPER KIT
□ RX-8 L.S.D. Super Racing
□ PMU ブレーキパッド HC+
□ ORCシングルプレートクラッチ
□ エンケイGTC01 前後 9J-18+40 
□ GReddy Infometer Touch RE雨宮 Version
□ BMCノーマル交換タイプエアクリーナー
□ KEYSステアリングφ33


RE雨宮 http://www.re-amemiya.co.jp/

| | トラックバック (0)

出走車両2009 【 ナイトスポーツ 】

王者ナイトスポーツ、2年目はMC後モデルへスイッチ。連覇は!?

photo

  • ドライバー:谷川達也選手
  • 仕様:マイナー後車両にて路線変更!最小変更により市販パーツにフィードバック
  • 目標タイム:1分5〜6秒 @ TC2000
  • 参戦レース:
     NEWRd.1Rd.2Rd.3Rd.4

check 王者ナイトスポーツ、2年目の躍動と新たなる挑戦。
圧倒的な速さを見せ付けた昨年の王者ナイトスポーツ。あまりの速さにレギュレーションが変更され、200kgものウエイトを積まされることとなったが、それをものともせず勝って見せるなど、手が付けられないほどの実力を見せた。
今年は去年のサーキット専用マシンとは打って変わって、マイナー後をベースとしたストリートチューンドエイトを投入。市販パーツの装着をメインとして、新たなパーツ開発を含めた参戦となる。ドライバーは今年も谷川達也選手がステアリングを握り、ストリート仕様とはいえ、あのナイトスポーツが中団グループをチンタラ走るとは考えられない。ライトチューンながら、今年も注目のマシンといえるだろう。

R09_b021  R09_b022  R09_b023
左:オリジナルのエアクリーナーボックス「エアグルーヴ」が目を惹くエンジンルーム。
中央:車両変更により新開発のエキマニとキャタライザーを装着。
右:サスペンションはナイトスポーツオリジナルスペックアラゴスタ。

スペック
□ 230ps オリジナルECU 新型エキマニ・キャタライザー
□ 駆動系 6M/T センターフォース製クラッチ ノーマルデフ ファイナル5.1 
□ 足回り アラゴスタ(去年と同仕様)ブレーキ・オリジナルブレーキパッド
□ タイヤ・ホイール・R1R 255/40R17


banner http://www.knightsports.co.jp/

| | トラックバック (0)

出走車両2009 【 レボリューション 】

Bクラス熟成度ナンバー1! 初戦から連勝狙いで走り抜けるか!?

photo

  • ドライバー:未定
  • 仕様:究極のストリート仕様!高精度オリジナルパーツ装着車両
  • 参戦レース:
     Rd.1Rd.2Rd.3Rd.4

check 今年は独走態勢か!? チラリと見えた新しいプロジェクト。
去年はナンバー付のストリート仕様ながらも、ポールを取得するなど常にナイトスポーツにプレッシャーを与え続けたレボリューション。その進化は止まらず、さらに9点11種のパーツを追加。間に合えばハンコック製ラジアルでレースを掻き回す台風の目となりそうだ。
さらに、TA02に続いてNAの20Bを乗せたエイトベースのアタックマシンの製作に着手しているとのスクープ情報! 今年秋には動き出すらしいが、1080kg/480ps(予定)のエイトがどんなタイムを刻むのか楽しみ。

スペック
□ RX-8オリジナルCPU(B-TYPE)
□ プラグコードグランドシステム
□ スポーツキャタライザー
□ エキゾーストマニホールド
□ エキゾーストシステム
□ シーケンシャルアルミプーリー
□ オイルクーラーキット(Ver.2)
□ オールアルミラジエター(Ver.2)
□ フロントアームピロブッシュ セット
□ ワイドレンジブレードスタビライザー
□ トーコントロールブッシュ
□ リヤトーコントロールリンク
□ メンバーセミリジットセンターリングカラー
□ サスペンションシステム
□ 6速ギヤセット(クロス)
□ 5.125ファイナルギヤセット
□ カーボンGTウイング
□ カーボントランク
□ カーボンドア
□ フロントバンパースポイラー
□ カーボンリアドアガラス(競技用パーツ)
□ ポリカーボネイトウインドウガラス(競技用パーツ)
□ カスタマイズロールゲージ(特注)
□ アンダースイープパネル


banner http://revo-tune.jp/

| | トラックバック (0)

出走車両2009 【 プロスタッフRマジック 】

車検対応レーサー! ユーザーに限りなく近い仕様で走る!

photo

  • ドライバー:島谷篤史選手
  • 仕様:去年度からの変更点ナシ・ユーザーの手に届きやすい仕様を目指して新たなパーツ開発
  • 参戦レース:
     Rd.1Rd.2Rd.3Rd.4

check ピンク5号は封印。二代目・銀八で新パーツ開発。
去年はボディー関係をレーシングカーにしてしまったため、ノーマルエンジンながらレギュレーション上の問題でAクラスへエントリーせざるを得なかったピンク5号。今後のモデファイ計画はまだ未定のようで、今期は最終戦に持ち込んだ現行型の“二代目・銀八”でのエントリーとなりそうだ。ストリートカーだけにダイレクトにユーザーにフィードバックできることも多く、サーキット走行も視野にいれた足回りや、チタンマフラーの新商品の開発を予定している。

スペック
□ サウンドチューンマフラー チューンドサイレンサー チタンテールスラッシュ
□ MC後用エキゾーストマニホールド
□ トリプルパイパークリーナー
□ オリジナルセッティング・オーリンズ DFV車高調キット
□ スーパーシフトノブ
□ RAYS RE30 アールマジックバージョン 本気銀
□ パフォーマンスパッド CSP


banner http://www.rmagic.net/

| | トラックバック (0)

出走車両2009 【 ファムスピード 】

100kgのハンデをあえて背負い、レネシス・ターボでGO!!

photo

  • ドライバー:未定
  • 仕様:羊の皮を被った狼仕様
    ブレーキ&ショックはテストにより吟味したものを装着予定
  • 参戦レース:
     NEWRd.1Rd.2Rd.3Rd.4

check エイトのターボチューンに新展開!? 313psの咆哮
RX-RACEへの参戦車両のコンセプトは「羊の皮を被った仕様」。エクステリアは、あまり手を入れず、クーリングも考えてエアロボンネット(現在開発中)を装着する程度の予定だが、エンジンは、本体ノーマルながら313psを発生するというボルトオンターボ仕様。現在のところ、タービンを試験的に、装着できるギリギリのサイズというT186Zを装着しているが、ゆくゆくはセブンの280psタービンを常時ツインで回す計画だという。もちろんスペース的に厳しいので、エンジンやミッションをオフセットしての搭載になる。足回りやブレーキなども含め、実戦に向けて今後煮詰めていく予定だが、コンプリートカーとしての販売も視野に入れているというから楽しみな1台だ。

R09_b051  R09_b052  R09_b053
左:エンジンルーム内は上からタービンを覗く事が出来ないため吸気レイアウト以外はノーマル然としている。正にコンセプト通り。
中央:グリルを外したフロントバンパーから覗くインタークーラーがターボ車の証。
右:コクピットはHKSのブーストコントローラーEVC5が追加されただけのシンプルさ。制御はHKSF-CON Vプロで行う。

スペック
□ エンジン 313ps/7500rpm 29.4kg/6800rpmタービン T186Z マフラーHKS ブースト0.8kg
□ 駆動系 6M/T ATSカーボンクラッチ 足回り ZEAL導入予定 ※軽量化はしない方向です。
□ コンセプト「羊の皮を被った狼」仕様 Rd.2 7/7筑波に向けてセットアップ中


banner http://www.famc.co.jp/

| | トラックバック (0)

出走車両2009 【 オートファッションブティック リアレス 】

新鋭RIALESが放つ、ロングライフ・サーキットレーサー!!

photo

  • ドライバー:森下育浩氏(リアレス)
  • 仕様:同仕様を最小限の費用で手に入れる事が出来るエイト ※シャーゼン車高調はなんと19万8千円!
  • モディファイポイント:追加オイルクーラー 銅2層ラジエター導入により冷却効率アップ!
  • 目標タイム:1分8秒(初走行です) @ TC2000
  • 参戦レース:
     NEWRd.2Rd.3Rd.4

check 新鋭RIALES、古参に挑む若きラテン系の挑戦者
愛知の新鋭ショップ「オートファッションブティックRIALES(リアレス)」が今年から新規参戦。エンジンはノーマルながら、マツダスピードバージョンIIにECUとセットで換装し、排気系はHKSのキャタライザーとオートエクゼのマフラーを組み合わせる。エアクリーナーはノーマルだ。「パワーは上げずにメンテ費用を安く」というポリシーのもと、勝負どころを足回りのセットアップに重点を置き、BMWなどのサスチューンで知られるScherzen(シャーゼン)製の車高調を装着、F12k・R10kのSwift製スプリングを組み合わせる。美しく塗り分けされたボディーカラーはこだわりのアルファロメオの赤。筑波は未走行のため実力は未知数だが、エイトチューンにどんな新風を巻き起こすか注目の一台だ。

R09_b061  R09_b063  R09_b062
左:サーキット走行には必須アイテムであるオイルキャッチタンクを装着済。重量物であるバッテリーはバルクヘッド側に移設されている。
中央:MS製マスターシリンダーストッパー付きタワーバーによりボディ剛性UPだけでなくブレーキング時のタッチ向上も狙う。
右:RE車でのセットアップはレアなScherzen(シャーゼン)製の車高調サスキットを装着。サーキットでの走りに注目だ。

スペック
□ エンジン ノーマルECU HKSキャタライザー オートエクゼマフラー オイルクーラー追加 
□ 駆動系 6M/T カーツLSD ファイナル4.77(後期RS用) エクセディカーボンシングルクラッチ
□ 足回り シャーゼン製車高調・スイフトスプリング
□ ブレーキ ウィンマックスパッド・スリット加工
□ ローター(ノーマル加工)
□ タイヤ アドバンネオバ AD08 225/40R18


banner http://www.riales.jp/

| | トラックバック (0)

出走車両2009 【 オートクラフト 】

スポーツドライビングを楽しむ仕様でドコまで食い込めるか!?

photo

  • ドライバー:白髭氏(オートクラフト)
  • 仕様:NAに戻しユーザーに近い仕様を煮詰める
  • 参戦レース:
     Rd.3

check 自宅からサーキットまで! 完全車検対応で勝負。
現在のところ7月のRXレースにスポット参戦を予定しているオートクラフト。去年はターボ仕様だったが、RXレースだけでなく、一般ユーザーへのフィードバックを考えてNAへチェンジ。ウェイトハンデがなくなる分、走りがどう変わるかが注目だ。新たにリジッドデフマウント、調整式ピロ・サスペンションアームを開発中で、細かくアライメントやジオメトリーを変更し、さらにコーナリング性能に磨きをかけてくることは間違いないだろう

スペック
□ ステンエキゾーストマニホールド
□ ラムエアインテーク
□ アラゴスタサスペンション
□ オートクラフトスペック
□ メーターパネル
□ サイドタンク式アルミ3層ラジエター
□ ECUセッティング
□ ビッグスロットル
□ バッテリ移設キット
□ ブレーキラインメッシュ
□ けん引フック


banner http://www.auto-craft.net/

| | トラックバック (0)

出走車両2009 【 オーバードライブ 】

MC後の美麗快速マシンは攻めのストリートスペシャル!!

photo

  • ドライバー:武地氏(オーバードライブ)
  • 仕様:なるべくリーズナブルに仕上げる事を目標としたエイト
  • 目標タイム:40秒台には @ TC1000
  • 参戦レース:
     NEWRd.3

check ツボを押さえたライトチューンデモカー
大好評のリーズナブルな車高調で切れ味鋭い走りを見せる!

本格級スポーツのRX系スポーツから「足のイイ奴」デミオまで、マツダのクルマ作りへのポリシーに共感し、さらにいいところを伸ばすチューンを提案しているオーバードライブ。
今年のRX-RACEはMC後のマシンでスポット参戦。車両はストリート系のオーナーが「楽しめる」プチチューン。武地さんいわく「サーキットでの速さだけを考えればピロアッパーマウントもアリですが、異音やロードノイズが過剰になるなどのデメリットも生じてしまう。そこで専用の硬質ゴムマウントを採用するなど、スポーツカーとしての質感をスポイルしない製品作りにこだわりました」。なるほど日常もサーキットも楽しみが持続するサスティナブルチューン! あれ、マツダ社長のコメントみたい
R09_b081  R09_b082  R09_b083
R09_b084  R09_b085

参戦ショップ新製品情報!
オーバードライブのブランド「odula」から、MC前のマツダスピード(MS)バンパー用カナードが登場。
RX-8のコーナリングパフォーマンスがさらにアップすることが期待できる。マツダスピードエアロ装着の前期オーナーだけではなく、コレがつけたくてMSバンパーを手に入れるオーナーもいるかも!
10mm厚で先端も5Rをキープし、車検にも対応だ。
R09_b08new2 R09_b08new1
OVERDRIVE odula RX-8マツダスピードバンパー用フロントカナード
・上カーボン 下FRP純正塗装……4万2000円
・上FRP純正塗装 下純正塗装……3万9900円
・上FRP未塗装 下純正塗装……3万1500円

スペック
□ ラムエアキット
□ ファイナル4.1
□ オリジナル車高調「蹴脚」


banner http://www.odula.com/

| | トラックバック (0)