« 出走車両2008 #01【 RE雨宮 】 | トップページ | 出走車両2008 #03【 PAN SPEED 】 »

2008.05.01

出走車両2008 #02【 STILLWAY 】

NAらしい高回転でのパンチを追求

022stillway 「RX-8で最もおいしいのは、トップポートの限られた領域」と話すのは、スティルウェイ代表の瀬戸さん。
言い直せば、サーキットステージでは回転を落としすぎると、ポートの切り替わりポイントに到達するまで、ラグが生じてしまうということになる。

そこでスティルウェイでは、FコンVプロで可変ポートの切り替わりポイントを300rpm下げてパワーバンドを広げ、一番パワーが出るところを有効に使えるようにリセッティング。
さらにレブリミットもノーマルの9000rpmから9200rpmに変更し、ノーマルエンジンの範囲内で高回転&ハイパワーを追求している。

 足まわりに関しては、「RX-8は重量物がかなりセンターに集約されているので、車高のバランスやレートチョイスで大きく変化する」と判断。
高速コーナーでパワーバンドを外さずに踏み切るためにも、RX-8としてはややハイレートなスプリングを与え、ロールを最小限に抑えているのが特徴だ。


banner http://stillway.com/

|

« 出走車両2008 #01【 RE雨宮 】 | トップページ | 出走車両2008 #03【 PAN SPEED 】 »

RX-RACEアーカイブ 2008」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034437/20700469

この記事へのトラックバック一覧です: 出走車両2008 #02【 STILLWAY 】:

« 出走車両2008 #01【 RE雨宮 】 | トップページ | 出走車両2008 #03【 PAN SPEED 】 »